2_熊本県白川_戸井撮影_色彩調整.jpg

リアルタイム洪水予測システム RiverCast

東京大学との社会連携研究部門において共同開発した力学系理論を元に、河川水位をリアルタイムに15時間先まで予測するクラウドシステムです。

本システムにより、早期の避難判断や河川周辺の施設・工事現場でのオペレーションを支援します。

RiverCastとは

構造計画研究所 河川洪水・水位予測 

​新着情報

動画でわかる!RiverCast

RiverCastをもっと知る

​お客様の声

 

類似サービスと費用を比較

圧倒的な低コストで高精度な水位予測システムをご提供

* 当社調べ(1地点当たりの費用を計算)

** 利用年分割プランのご利用も可能

通常プラン:初期導入費用 + 年間利用料

初期導入費用と年間利用料の支払いの配分を変えるプランもご利用可能(複数年契約の場合)

 

公的情報と機能を比較

ピンポイントかつ確率的な予測情報で意思決定を後押し

気象庁が提供する防災情報(危険度分布"キキクル")とは?

表面雨量指数は浸水害のリスクを、流域雨量指数は洪水害のリスクを示します。危険度分布は、「メッシュ単位」で雨量と大まかな地形情報を元にしたおおよその「指標」です。RiverCastが示す情報とは、予測の精度と解像度が大きく異なります。

導入の流れ

​測量などの実地調査なしで、すぐにご利用可能!

​地点の選定に水位計Mapをお役立てください

 

​まずは無料でお見積り

所在地指定で水位計の選定もお任せ!

​洪水​予測システムにご興味をお持ちの方

当社は数理工学を活用した洪水予測システム開発を支援します。お客様が既に展開されているシステムへの組み込みのご相談も受け付けております。ご興味をお持ちの方は、フォームよりお問い合わせください。

※貴社、貴組織内での意思決定支援ツールとして導入いただくことが可能です。(当社から予測情報そのものを提供するものではありません。)

※貴社、貴組織内での業務のために利用いただくためのものであり、第三者に提供することはできません。